Archive

Archive for the ‘event’ Category

Make: Tokyo Meeting 06 でもワークショップやります!

11月 14th, 2010

image

またもや Make: Tokyo Meeting 06 まで1週間を切ってしまいましたが!

今回も参加します!ワークショップも行います!

以下、ワークショップ告知です。

・内容:60th LED Luminous CLOCK
・参加対象:特になし
ハンダ付け未経験者大歓迎! 初めての電子工作にチャレンジしてみませんか?
・時間:約2.5時間
・日時:11月21日 14:00-16:30
・参加費:5,500 円(キット本体込み)
・工具不要! ※自前工具持込歓迎!(使い慣れた自分の工具をお持ちの方はぜひご持参ください)
募集人数:10人 申し込み終了しました!
・お申し込み方法:
contact [at] silrium.comまで、
氏名
連絡先(電話番号またはメールアドレス)
※当日場合によっては連絡差し上げる可能性があります
希望のLEDカラー(青 or 赤/橙)
を記載してメールをお送りください。

2時間程度の制作時間で完成できるようにキットが半作成状態になっておりますので初心者にも安心です。

DSC02180
こんな感じでハンダ付けしていきます。

DSC00105
難しいところはスタッフがお手伝いいたします!

60th LED Luminous CLOCK


よろしくお願いいたします!

Author: Categories: event Tags: , ,

Make: Tokyo Meeting 05 終了しました!

5月 25th, 2010

MTM05終了しました!
お立ち寄りいただいた大勢の皆々様、
たくさん面白いお話&情報交換をさせていただいたみなさま、ありがとうございました!

(個人的には前回WSでSilriumファン?になってくれたリアルおとこの娘(失礼!)がとても印象的でした。
…半年間(本気で)勘違いしてたよ。。)


ワークショップもおかげさまで盛況!
参加していただいた皆さん全員完動!しかもほとんど一発動作!で僕らも感動!(笑)
組み立てる面白さ&動いた時の新鮮な喜びを味わってもらえたかな?と手前味噌ながら思っています。

WSのエピソードではもう1つ。LED時計をぜひ作りたい!と今回飛び入りで参加してくれた少年がいたのですが、
彼が凄かった!

お母さん曰く、「ウチの子半田付けできますから」と余裕のご様子。逆に僕らが正直心配?していたのですが、
なんとこちらがビックリする程の腕前!SMDをスイスイと取り付けていきます。
「先生:じゃあ次はX-TALを…」「少年:あ、これですね!」…水晶が判っている小学生とわ!!
将来がとても楽しみです。思わずスカウトしそうになりました(笑)

そんなこんなで?、MTMはどんどん凄いことになっています。
Silriumも次回はぜひ新作(!)でお逢いしたいと思います!

Author: Categories: event, hobby_elec Tags:

Make: Tokyo Meeting 05 に参加します!

5月 16th, 2010
Make: Tokyo Meeting 05 までいよいよ1週間を切りました!
Silriumは今回ももちろん参加します!告知遅くなってスミマセン。。
まずは、ご好評!の電子工作ワークショップ開催!以下参加者募集中です!
今回もやります! ‘RELAY CLOCK’を組み立てる、ハンダ付け実践講座です。
リレーが刻む秒針と直線に光るLED…「時」を様々に感じる不思議?な時計を作ってみませんか?
MTM05会場で一緒に組み立て~完成した作品をお持ち帰りできます!
★前回より組み立て工数を少なくしています。(一部実装済) 気軽にチャレンジしてみてください!

・参加対象:特になし
ハンダ付け未経験者大歓迎!
※組み立てが終わるころには、貴方もすでにハンダマスター?かも(笑)

・日時  : 5/23(日) 13:30 ~ 16:30
(ガイダンス/電子回路の説明:20~30min / ハンダづけ練習~組み立て:120min )

・参加費 : 3,500 円        (キット本体込み)

・工具不要! ※自前工具持込歓迎!
→使い慣れた自分の工具をお持ちの方はぜひご持参ください。

・募集人数:~10人

・お申し込み&お問い合わせ: contact@silrium.com まで

RELAY CLOCK

さらに今回、’60th LED Luminous CLOCK ‘(電子工作kit) も復活決定!
部品調達の関係で、、今回も微妙に?限定頒布なので、早めのお越しを(笑)
Coolに光る1周60個のLED・エフェクトが時間を楽しく演出!チップ部品の半田付けはDIYの醍醐味満点!?です。

展示ブースではもちろん‘RELAY CLOCK’kitも頒布しています。
当日は是非お立ち寄りください!お待ちしています!
Make: Tokyo Meeting 05
開催日:2010年5月22日(土)、23日(日)
会場:東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区大岡山2-12-1)
入場:無料
交通:東急大井町線・目黒線「大岡山駅」徒歩1分
Author: Categories: event, hobby_elec Tags: , ,

本年もありがとうございました

12月 31st, 2009

  遅くなってしまいましたが、先月のMake: Tokyo Meeting 04 のお礼と、今月30日のコミックマーケット77の連絡しなかったお詫びと参加した方へのお礼をさせていただきます。

MTM04ではリレー時計の展示にたくさんの方がいらしてくれました。

DSC00057 

ワークショップでは親子連れの参加もあったり、非常に楽しかったです。

DSC00105

 

コミックマーケットでもたくさんの方にお会いしました。MTM04の参加者や出展者の方もいらしていてご挨拶したり。

DSC00286

 

皆様、本年もありがとうございました!

来年もより一層充実したSilriumをお見せできるよう努めますので、よろしくお願いいたします!

Author: Categories: event Tags: , ,

ハンダ付けの極意とは

11月 21st, 2009

mutaと申します。ヨロシクお願いいたします。

Soldering_photo

 

ハンダ付けに慣れていない方は、ハンダ付けを怖いものだと思ってしまうようです。

熱い金棒で固い金属を柔らかくして接着させる。

たしかにそれだけを見てとると難しそうですよね。あんな熱を使ったら、基板とか部品とかが壊れちゃうんじゃないかしら?なんて思う方も多いかと思います。

でも、実際はそれほど難しくはないのです。コツをつかめばすぐに慣れてしまいます。
そのコツは「ハンダ」の性質に深く根付きます。

ハンダは、熱を加えると柔らかくなる性質をもつ合金です。柔らかくなり、液体になります。

この液体は熱いものが大好きです。熱いところにくっつきます。

さて、この「熱いところ」。一番熱いところはどこでしょう?

当然、ハンダごてです。

ということは、普通にやっていてはハンダはハンダごてに付いたままで、基板や部品など狙いのポイントにはくっついてくれません。

ではどうするか。

基板と部品を充分温める

 

これだけです。ハンダごてと同じくらい温めて基板と部品側へハンダが流れるように仕向ける。流れたらハンダごてをさっと離し、ハンダが固まってくれるのを待つ。これだけです。

solder.ai

温めすぎると部品が壊れてしまうので注意が必要ですが、ICやトランジスタなどの半導体を除けば、結構耐えてくれるものばかりです。5秒くらいは耐えられるのであせらず温めましょう。

ここまでのことさえわかれば、あとは実践で繰り返し練習するだけです。何十回、何百回とハンダ付けを繰り返せば自然とコツはつかめてきます。

是非ともやってみてください。

 

MTM04で本格的にハンダ付けが体験できるのはSilriumだけ!

※ワークショップの募集は締め切りました。

Author: Categories: event, hobby_elec Tags: , , ,